院内設備

医療機器のご紹介

▼ 胃カメラ

胃カメラ

胃カメラ検査は、食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断を指し、主に、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査や、検診で異常が疑われた方の精査を対象としています。

当院では、咽頭反射を抑えるため、検査前、咽頭にゼリーやスプレーで十分な麻酔を施し、更に、内視鏡専門医である院長自らによる検査を行い、他院様で受けられた胃カメラ検査により苦手意識をお持ちの方でも、検査時の吐き気や不快感が大幅に軽減されるよう努めておりますので、安心してご相談下さい。


▼ 内視鏡洗浄器

内視鏡洗浄器

内視鏡を介した感染を防ぐために、内視鏡は検査1回ごとに消毒装置を使い、肝炎ウィルスやピロリ菌などの細菌を完全に滅菌、消毒していますので、安全な検査を受けることができます。


▼ 心電図

心電図

心電図は、心臓の筋肉が興奮する(活動する)際に生じる電気活動を記録するものです。

正常な心電図には一定の波形があり、これが乱れることにより生じる、様々な心臓疾患を診断することが出来ます。


▼ 血圧脈波測定装置

血圧脈波測定装置

両手両足の血圧と脈波を同時に計測することで、動脈硬化や下肢動脈の狭窄・閉塞など、所謂「血管年齢」を測定します。

血管は年齢と共に硬くなっていきますが、肥満、高血圧、高血糖、高脂血症などの症状に複数あてはまる方は、年齢以上に血管の硬化が進行していることがあります。


▼ 超音波画像診断装置

超音波画像診断装置

超音波を照射してその超音波の反射してくる時間差を画像化します。

人体に影響の無いとても安全な検査で、内蔵の輪郭や動きをリアルタイムで観察することができます。


リハビリテーション機器のご紹介

当院では、患者様お一人お一人に合ったリハビリテーションプランでサポート致します。
痛みと向き合うために、充実した設備を設け、皆様のご来院をお待ちしております。

スーパートラック (能動型自動間欠牽引装置)   干渉電流型低周波治療器
椅子にすわった姿勢のままで、牽引治療ができます。 理想的な牽引治療の姿勢を自動的にセットし、効果的な治療を実現します。   周波数が異なる2つの電流を患部に流し、体内に生じる干渉波の大きな電気エネルギーで筋肉を収縮させ、血流を改善し、痛みを暖和します。
当院外観  
治療に適した姿勢が容易に得られる座部形状により、採用牽引部位の筋スパズムの改善や間欠牽引によるマッサージ効果、椎間開大の手助けをして圧迫神経への影響をやわらげるなどの効果が得られます。   痛みを和らげて筋肉の緊張をほぐすことにより、マッサージなどの効果をさらに高めます。
     
ウォーターベッド   リカバリールーム
全身を水圧刺激でマッサージする治療器です。左右対称に配した4つのノズルから噴射される水の圧力を利用して全身マッサージをします。   やわらかな光に包まれる、落ち着いた個室タイプのリカバリールームをご用意しており、リラクゼーション効果を高めております。
当院外観   リカバリールーム
水本来の流体特性を応用し、ウォーターベッドならではの浮遊感に抱かれながら、手技治療(マッサージや按摩、指圧)のような力強い・心地よい刺激が得られます。肩凝り、腰痛、ストレスによる不眠・頭痛・冷え症などにも効果があります。   リカバリールームは、内視鏡等の各種検査後にゆっくりとお休み頂いたり、リラックスして点滴治療をお受け頂くなど、個室タイプの特徴を活かし多目的な利用が可能となっています。
PAGE TOP