消化器内科

消化器内科を受診される方へ

消化器内科を受診される患者様は、無症状の方から、腹痛、吐血、下血、だるさ、食欲不振、貧血、やせ、黄疸など幅広い症状の方がいらっしゃいます。
身体の調子が悪いな…と思って内科を受診される方の多くに、自覚はないものの消化器の病気があることも多いのです。


消化器内科の主な病気

便秘症について

長時間にわたって便がおなかの中にとどまると、徐々に水分が失われて硬くなり、おなかが張ったりして更に排便が困難になります。
便秘だと感じておられる方は、まず適度に水分摂取を心がけることが大切です。
その上で、自己判断で便秘薬を飲み続けて症状が悪くなる前に、一度ご来院されることをお勧めします。

逆流性食道炎(胸やけ)について

逆流性食道炎は、胃と食道の境界部分がゆるむなどして、胃酸を含んだ胃内容物が食道へ逆流することにより生じる病気です。

逆流性食道炎を疑う場合、まず胃酸逆流症状を確認するための簡単な問診を行い、続いて内視鏡検査(胃カメラ)で食道粘膜の炎症を確認します。内視鏡検査は苦手な方もおられると思いますが、食道がん・胃がんなどの病気を見逃さないためにも一度は検査を受けておかれる方が良いでしょう。

機能性胃腸症(胃もたれ)について

消化器内科では、胃のあたりの痛みを訴えながらも胃や十二指腸などには異常を認めない患者様によく遭遇します。最近、そのような疾患の一つとして「機能性胃腸症」という病態が注目されています。

この「機能性胃腸症」とは、従来からの症候性胃炎や神経性胃炎に相当する疾患群と考えられます。わずらわしい食後の膨満感(食後の不快なおなかの張り)、早期の膨満感(食べてすぐのおなかの張り)などの症状が6ヶ月前から続いている方は、他院で「検査では異常なし」と言われた場合でも、ぜひ一度ご相談下さい。

下過敏性腸症候群(下痢・便秘・腹痛)について

仕事の途中で腹痛を起こしトイレに駆け込む。登校前に必ずおなかが痛くなる。このような症状を引き起こすものに、過敏性腸症候群(IBS)という疾患があります。大腸検査や血液検査などでは異常が認められないのが特徴で、下痢や便秘・腹痛などが主な症状の機能性の疾患です。

原因の多くは過度の緊張やストレスとされており、成人の10人に1人が該当する現代病ともいえます。慢性的に下痢や便秘・腹痛を繰り返して日々の生活に支障を感じつつも、なんとなく放置されている方は多いと考えられます。

おなかの症状で困っておられる方、IBSの診断・治療について一度ご相談下さい。

PAGE TOP

胃カメラ(上部消化管内視鏡)について

食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断を行います。 主に、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査や、胃癌検診で異常が疑われた方の精査を対象としています。

咽頭反射を抑えるため、検査前、咽頭にゼリーやスプレーで十分な麻酔を施します。 また、鎮静剤を使っての検査も行っておりますので、ご希望の方はお申し出下さい。


PAGE TOP